しっとりやわらなかな赤ちゃんの肌を乾燥から守るスキンケアガイド

赤ちゃんの乾燥肌を正しくケアしてあげるために

赤ちゃんの乾燥肌の原因と対策方法、その他オムツかぶれのケア方法まで詳しく紹介しています。

赤ちゃんの肌はどうして乾燥するの?

赤ちゃんの肌を乾燥から守る!「赤ちゃんのようなたまご肌!」といったふうに、しばしば美肌の形容にも使われる赤ちゃんの肌。赤ちゃんの肌には毛穴がないため、ツルツル・ツヤツヤでフックラとして見えます。しかし、赤ちゃんや幼児の肌は意外に乾燥しやすいのです

赤ちゃんの肌の繊細さは、私たち大人とは比べ物にならないほど。赤ちゃんの肌は大人の2分の1から3分の1しか厚みがありません。また、皮脂や水分の保持ができません。それに、赤ちゃんはとっても汗っかき。汗が原因であせもや皮膚炎を起こしてしまうこともしばしばあります。

ですが原因や対策方法がわかれば、適切な環境づくりやケアをしてあげられるはずです

ただでさえ大変な育児。乾燥肌ケアはある程度の気づかいや手間もかかりますが、かぶれてしまうと赤ちゃんが苦しいだけでなく、場合によっては通院や投薬などが必要になり、もっと時間を費やしてしまいます。

乾燥肌ケアは、コツさえつかめれば誰でもちゃんと取り組めるものです。赤ちゃんが健やかに育つために、ママが心配せずに過ごすために、赤ちゃんとスキンシップをするつもりで取り組みましょう