しっとりやわらなかな赤ちゃんの肌を乾燥から守るスキンケアガイド

どうして乾燥してしまうのか

赤ちゃんの肌が乾燥してしまう原因について、大人とは大きく異なる肌質について考えていきます。

乾燥肌は赤ちゃんの宿命?

赤ちゃんの肌は乾燥しやすい状態にあります大人の肌に比べ、非常に薄い赤ちゃんの肌。その厚さは、大人の2分の1から3分の1しかありません

また、肌を保護する膜がまだできあがっていないため、ちょっとした刺激も肌荒れの原因になります。洋服の生地が当たっただけで肌荒れが起こってしまうのはこのためです。

そしてその肌荒れは、生後2~3カ月ぐらいからひどくなります。お母さんのお腹の中で、赤ちゃんは皮脂を作りだすホルモンをもらいます。

しかし生後2~3カ月経つと、その皮脂の分泌量が急激に減ってしまうからです。皮脂が減ったことで、赤ちゃんの肌は非常に無防備な状態に。ちょっとした刺激をまともに受けてしまうのです

水分と皮脂が極端に少ない赤ちゃんの肌

皮脂だけでなく、皮膚が薄いために水分の保持もできません。その結果、赤ちゃんの肌は著しく乾燥します。湿気の多い夏場はまだしも、乾燥が激しい秋~冬場は、肌がガサガサになってしまう赤ちゃんも珍しくありません。全身にガサガサができたり、赤くかぶれたり、ブツブツができたり

また、夏だからといって安心はできません。赤ちゃんの汗腺の数は大人と同じ。赤ちゃんが汗っかきなのはそのためで、あせもなどができやすいと言えます。

このような状態になると痒みが生じます。不満を口にできない赤ちゃんがどんなにか不快な思いをしているかと悲しくなってしまうお母さんも多いことでしょう。また、この症状がアトピー生皮膚炎と診断されてしまうケースもあります

赤ちゃんを乾燥肌から守るために

赤ちゃんは、肌荒れを起こしやすく、その肌は乾燥するものと思っておきましょう。そのデリケートさは、大人の敏感肌とは比較にもならないほどです。

そして、それを知った上で適切なケアをすれば大丈夫!刺激の少ない石鹸や赤ちゃん用石鹸などで優しく洗い、普段から乾燥を防ぐクリームやローションでまめにケアを行ないましょうもちろん、炎症が広がってしまったときは医師の診断を受けることも大切です