しっとりやわらなかな赤ちゃんの肌を乾燥から守るスキンケアガイド

番外:オムツかぶれのケア方法

オムツかぶれが起こってしまう原因や、オムツかぶれのケア方法を紹介します。

赤ちゃんの肌トラブル・オムツかぶれの症状

オムツかぶれを防ぐためにオムツを常にしている赤ちゃんは、オムツかぶれをしばしば起こします。ほとんどの赤ちゃんが経験すると言ってもいいでしょう

オムツかぶれは「オムツ皮膚炎」と呼ばれる皮膚炎で、オムツの当たっている部分や陰部が赤くなったり、湿疹ができたり、皮膚がただれたり、めくれてしまうことも。

少し赤みを帯びる程度ならとくに症状はありませんが、痒みをともないますが、痛くなってしまうほど悪化してしまう場合もあり。

お尻を拭いてあげるときに泣いてしまう場合は、オムツかぶれを起こしている可能性があります

オムツかぶれの原因は?

赤ちゃんは皮膚が薄くデリケートですが、それ以外にもオムツかぶれの原因がいくつかあります。

  • オシッコに含まれるアンモニアやウンチに含まれる酵素による刺激。
  • 市販のお尻拭きによる、拭きすぎによる摩擦。
  • 汗によってムレる。
  • 細菌やカビによる刺激。
  • 繊維やゴムなどオムツによる刺激。
  • 洗剤やパウダーによる刺激。

1日に何度もオシッコやウンチをし、また1日中オムツをつけている赤ちゃんは、非常にオムツかぶれを起こしやすい環境にあるといえます

オムツかぶれの対処方法

予防が第一です。オムツをこまめに替えたり、お尻を清潔な状態にしておくことが肝心。

ウンチのときは濡れタオルなどでしっかり汚れを落としてあげてください。シャワーなどで洗い流してあげるのも効果的。その後はしっかり乾かしてクリームやオイル、ワセリンなどを塗ります。清潔にした肌をクリームなどでバリアしてあげることが重要です

布オムツのほうがゴムなどの刺激は少ないとも言えますが、吸収力という点では紙オムツのほうが優れています。ただ、オムツも合う・合わないがあるようです。それぞれの赤ちゃんに合うものを探すようにしましょう

オムツ皮膚炎とカンジダ(真菌)を原因とする乳児寄生菌性紅斑は対処法が異なるので注意が必要です。症状がよくわからなかったり、症状が酷い場合は医師の診察を受けて塗り薬などでしっかり治してあげましょうね