しっとりやわらなかな赤ちゃんの肌を乾燥から守るスキンケアガイド

お肌に【優しい】を選ぶ!

赤ちゃんの肌に刺激を与える成分やよくないとされている成分についてご説明します。

赤ちゃんの乾燥肌に良くない成分

 赤ちゃんの乾燥肌に良くない成分大人の2分の1~3分の1しかない薄い赤ちゃんの肌は、とても敏感です。バリア機能は弱いのに新陳代謝は活発。そのため肌は汚れやすく、刺激にも非常に弱いのです。

すべての赤ちゃんが敏感肌といっても過言ではありません。赤ちゃんの肌に直接つけるクリームやローション、オイルは、刺激の少ないものを選ぶ必要があります。

赤ちゃんの肌に刺激となる成分の一つに防腐剤や保存料があります。スキンケア製品に配合される防腐剤にはフェノキシエタノールパラベンBGエタノールなどがありますが、化粧品などを腐敗させないため、ある程度の含有は必要であるという意見もあります。

ただし、比較的安全とされているパラベンでさえ皮膚のアレルギーを発生させることがあります。やはり、敏感な肌の赤ちゃんに使用するのは避けた方がいいでしょう。

石油合成成分を使った製品はNG

上記の防腐剤のように、赤ちゃんのスキンケア製品を選ぶ時は、「石油から合成された化学成分は避ける」ようにしましょう。

石油系の成分としてはほかに洗顔料やクリームに使用される界面活性剤・鉱物油、合成香料や着色料、パラフィンなどがあります。これらはホルモンバランスを崩す可能性もあることから、大人でもできるだけ避けるべき成分です。赤ちゃんに使用しないだけではなく、赤ちゃんと接する機会の多いおかあさんも、できるだけ避けたほうが赤ちゃんにとっても安心です。

また、赤ちゃんの肌荒れによく使用されるワセリンも石油由来です。ワセリンの中でも白色ワセリンは赤ちゃんに使用することができますが、まれに皮膚に赤みや発疹ができることがあります。とくにアトピー性皮膚炎の赤ちゃんは炎症反応を起こしてしまうケースもなくはないので注意しましょう。

天然成分も絶対安全ではない

やはり安全なのは自然派やオーガニックのケア製品!…とも言えません。ちなみに「自然派化粧品」「無添加化粧品」も同様です。これらは名称のみのことで、実は天然成分はほんの少しで、合成成分が入っていても「自然派コスメ」と名乗ることができるのです。そのため、名称だけでなく中身をしっかり確認することが必要になります。

では、赤ちゃん用スキンケア製品や石けんは天然素材のものを使用すれば安全かというと、残念ながらそうも言いきれません。例えばグリセリンは天然の成分ですが、粘膜に刺激を与えます。天然の防腐剤といわれているグレープ種子エキスやローズマリーエキスも安全性データが乏しい上、ローズマリーエキスの場合は皮膚炎を誘発する危険性があるといわれています。

「天然のもの=安全なもの」と思われがちですが、植物の多くはアレルギーを誘発する可能性を持っています。天然の成分の中でも、アレルギーや皮膚炎を起こさないものを選ぶようにしましょう。